スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/02/12 笠松競馬場へ出撃

笠松競馬場ゲート

2/12ですが、笠松競馬場へ行ってまいりました。3歳限定重賞「ゴールドジュニア」を観戦です。

オグリキャップ像

笠松でデビューし、後に中央へ移籍して有馬記念を勝つなど活躍した名馬、オグリキャップの銅像が入口付近にあります。
同馬の栄誉を称え、ここ笠松では毎年4/29に重賞「オグリキャップ記念」が行われています。

ゴールドジュニアには、昨年の暮れに「全日本2歳優駿」を制したラブミーチャンが出走しました。
G1馬が出走するとあって、とても平日とは思えない程のお客さんが入っていたし、メインスタンド前にはテレビの取材陣もいます。いやいや、こんな光景、今まで笠松で見たことないですよ。

ラブミーチャン横断幕

メインスタンド前にはこの横断幕が。ラブミーチャン応援一色ですね。

昼食を食べながら、ラブミーチャンのオーナー、小林祥晃氏(Dr.コパ)のトークショーを聴いてました。
小林オーナーは、同馬のエピソードなどをいろいろと語られていました。
(馬名「コパノハニー」で中央に入厩していたことや、笠松への入厩は風水で決めたことなど)
一度は中央で見切りをつけられた馬が今や地方競馬のヒロインになるとは、まさにシンデレラストーリーですね。

ラブミーチャン登場


さてレース前のパドック周回。ラブミーチャンが現れるや、スタンドは大きく沸きました。
笠松競馬場のパドックはコースの真ん中にあるため、ちょっと写真は撮りづらいのですが、しっかり撮影してきました。
ラブミーチャンは周回中、終始入れ込んだ様子でした。人が多いのを察してか、かなりテンションが上がってましたね。

ハクリュウボーイ(パクじい)

笠松競馬場の誘導馬、ハクリュウボーイです。
27歳にして現役の誘導馬。「パクじぃ」の愛称で親しまれています。

ラブミーチャン本場場入場

濱口楠彦騎手を背に、いざ本馬場へ。

レースはラブミーチャンがスタートから先手を奪い、マイペースの逃げへ。同厩舎のベストドレッサーとバトルアツヒメがその後ろに付け、しっかりと援護します。
4コーナーでメモリーキャップが競り掛けましたが、ラブミーチャンは余裕の手ごたえで突き放しにかかります。直線に入っても全く譲らず、持ったままの競馬でラブミーチャンはゴールイン。さすがにここでは力が違いました。

ラブミーチャン、ウイニングラン1

レース後にはウイニングランを披露、スタンドからは歓声が起こりました。

ラブミーチャン、ウイニングラン2

この声援に濱口騎手も応えます。

ラブミーチャンの次走は阪神競馬の「フィリーズレビュー」だそうです。
ここで3着以内に入れば、念願のクラシック「桜花賞」への出走権が取れますね。
初の芝コース、そして相手強化とかなり厳しい戦いになるとは思いますが、いいレースができるといいですね。
もちろん私も、東海公営ファンとして応援します。
スポンサーサイト

テーマ : 競馬
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Atmosphere9866

Author:Atmosphere9866
小説&音楽サークル「Majestic Light」のアトモスと申します。
愛知県名古屋近郊で活動しています。
---------------------------------------------
「Majestic Light」メンバー

・アトモス
(代表:小説、音楽、動画制作を担当)

・みやこ 潤
(マンガ、イラスト、CDジャケットデザイン、グッズ関連を担当)
---------------------------------------------
みやこ 潤さんのプロフィールは本人のサイトにて。

パデン波塔
http://paden.littlestar.jp/

私、アトモスのプロフィールはこちら
---------------------------------------------
ニコマス関係(冠協賛レース情報中心)のブログはこちら

NOT STRAIGHT
http://atmosphere9866.wordpress.com/

よろしくお願いいたします。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。